けっこう毛だらけ、 猫灰だらけ、わたしの周りはガキだらけ。

大阪府八尾市にある学習塾「一徳塾」の塾長にこき使われている可哀想な塾女の独り言。

図書館帰りの・・・

・・・満足感って

大漁で港へ帰る漁師の気持ちと

同じかな。

あ、ちょっと想像してみただけ。

 

おはようございます。

f:id:neko-hai:20210812125321j:plain

(itunosora?)

 夏休みに突入する前に、塾生(主に小学生)に書いてもらった

1日のスケジュール」と「宿題この日までにやるぞ!表」と

宿題終わったら自分のためにやるのはこれだ!表」(笑)

 

ある日、時計が苦手で、どうにかして欲しいというご両親の困った顔を

その肩越しにチラつかせていた小学2年生の彼に1日のスケジュールを

書かせてみた。すると・・・な、な、なんと!

f:id:neko-hai:20210812112216j:plain

どうも末っ子の甘えた君のせいか、日ごろの彼の行動はママやパパが、

更にはお姉さんたちが指示していたらしい。だから、彼には時計なんか

必要なかったのだ。1日のうちで時計を見ることがあるのかと尋ねてみたら、

つぶらな瞳のその彼は小さき声で、なのにハッキリと一言、「ない。」

どっひゃーーーん!ズルズルずるっ(塾女、椅子から転げ落ちる音♪)

早急に、ご両親、塾に通う姉たちに「彼には機会あるごとに時計を見せて、

時間を尋ねてくれーーーっ。」と嘆願したのは言うまでもない。

f:id:neko-hai:20210812113518j:plain

日常生活で時計を意識しないと時間の観念が希薄になるのでしょうか。

塾の時間も知らんかったその彼は、お姉ちゃんの「行くで。」が時計だった

ようですね。それからは時計を見たり、読んだりするになって、午前・午後、

ちゃんと24時間もわかってきました。そして、遂には強制もしていないのに

「時計の宿題プリントが欲しい。」と言いに来た。きゃーーーーーっ!

ズルズルずるっ(塾女、嬉しさのあまり椅子から転げ落ちる音♪)

これはある意味、自立ですね。言われなくても準備ができるし、何かを始めたり

終えたりと自分の意志でできるから。塾ではまず、持ち時間を確認してから、

自分で予定を立てて学習を始めます。誰かにあーせい、こーせいって言われるの、

って嫌でしょ? 小学生もみんなそう。自分のことだもの、自分自身でね。

小学校入学前の私でさえ、おかんの小言もう15分たってんでー、とか、

あと10分でおやつの時間やから帰らな、とか、5分だけ貸したるわ、と弟に

イケズしたりとか、このまま30分間正座しときや、と叱られたり、と常に時計や

時間を気にしていました。おかげ様で今も時間に追われる生活をしております…

って、それ・・・アカンやん、哀しい哉。

 

今日も一日、いい日でありますように。

 

 

f:id:neko-hai:20210812123653j:plain

必ず、身体のどこかの部分を私の身体のどこかの部分に

接触させる。暑くはないのか?

と言いつつ、嫌な気はしない。そういうもんだ。

長年の付き合いだしね。

それなら、

暑中お見舞い申し上げます、さ。

  

 

 

 

そんなに好きじゃなかったのに・・・

・・・シロクマ。

美味しいじゃないか。

結構いいお値段なんで、

ご褒美に。

今日は、マンゴー。

 

おはようございます。

 

f:id:neko-hai:20210811141522j:plain

(kesasora)

今年は、夏期講習期間の真ん中の一週間は、お休みにしました。

貧乏暇なしの塾長は毎日、塾に出て、残務整理をやっております、たぶん。

「今日、塾はありますか?」なんていう塾生からのトボけたラインにも

「塾はいつだってここにありますよ。」なんて親切な返送をしつつも

日頃は手を付けられないところの片付けをやったりしているわけですね。

 

私は、この休み前に塾生一人一人に対し、慈悲深く、尊厳の念を持ちながら、

満面の笑顔で「あなたは宿題プリントいりますか?」と尋ね回りました。

雨の日も風の日も、そして太陽の日差しがこの身を焦がしそうになった日にも。

(というのは冗談ですが)希望者のみにしか宿題は出さない、という信念の

もと、こちらから尋ねると、ほんのご挨拶程度の子、これ以上の枚数を要求

するとコピー代を請求するぞ、と私に目で語らせた子も、交わした約束は

守ってもらわねばなりません。

f:id:neko-hai:20210811143545j:plain

午前は9時から。午後は4時から。

コロナ対策もしっかりと。

 

そう・・・宿題は「約束」。やりとげてなんぼ、ですね。

時には保護者からの「家で勉強しないので、宿題を出してください!」と

いうような悲痛な叫び声が耳の奥でこだまするなか、ちょいちょいと

手招きして本人を呼び寄せ、耳元で優しく「君自身はどう思うの?」と囁いたり。

要するに守れない約束は、はなからしなくていい、というワケです。

「宿題」とは何ぞや。そう、自分自身で考えて決めればいいんです。

ということで、16日が楽しみだわ~~。私の華麗な空手チョップを

披露することができるのかしらん。(読んでるか? おい、そこの君!)

 

今日も一日、いい日でありますように。

 

 

f:id:neko-hai:20210811144908j:plain

毎夏恒例の、冷風機ならぬ冷風器。

中にはカチカチに凍らせた保冷剤がぎゅうぎゅうに

入っています。上部から入った空気が、中で冷やされて

下部から下方へ流れ出てきます。

これがまた、結構涼しいのです。

よくできているでしょ?

夏休みの自由研究にしたいくらいです。

 

 

 

初心、忘れる・・・

・・・べからず。

 

計画をたてるのは

自由の時間を手に入れるため、だと

いつも言っています。 

f:id:neko-hai:20210727151401j:plain

(kesasora)

「あんた、宿題ちゃんとやってるんか?」

「一日中ゲームしてたんとちゃうか?」

「お母ちゃんがおらんと思ってダラダラしてんのとちゃうか?」

などなど、言われるものなら、じゃーーーん、

この紋所が見えぬか!とばかりに、その右手に持ったA4の紙を

お母ちゃんの吊り上がったその目の前に掲げ、堂々と言ってやれ。

「見よ!オレ(わたし)はこの自分で作った計画表のもとに、

規則正しく、清く、そして朗らかに、ゆえに素晴らしい一日

精一杯生きているんだっ!」と。

f:id:neko-hai:20210727152713j:plain

自分で決める自分の24時間。他の塾生と見せ合いっこして、

反省した子は書き直したり、いい案だったら取り入れてみたり、と

真面目に作ったおれ流、わたし流。いいですね。

f:id:neko-hai:20210727153147j:plain

さらに、夏休みの宿題は全部書き出して、いつ頃までに終わらせるか、

検討をつけて「〇日までに終わらせます」宣言。

さっさと片づけて、「自分の為の自分で決める課題」をやろうじゃ

ないか。例えば、英単語を1日にたった5個覚えて、20日だとなんと!100個。

とかね。なんか、出来そうじゃね?チリも積もってしゅらしゅしゅしゅだ。

長い夏休みだからこそ、コツコツやって大きな成果を出してみようじゃないか。

小学2年生の女の子ちゃん。宿題をあっという間に終わらせて、自分で

課題を決めて、とっとと始めています。そうこなくっちゃ。さあ、夏休みだ! 

一生懸命に、よく遊べ!よく学べ! 同じ夏休みは二度とはやってこない。

 

今日も一日いい日でありますように。

 

 

f:id:neko-hai:20210727154034j:plain

氷枕で

頭冷やして・・・

 

f:id:neko-hai:20210727154132j:plain

ケツも

冷やす。

 

使い方・・・

あってますかね。

 

 

 

 

その日は突然に・・・

・・・朝、塾に来た時にはもう

もぬけの殻でした。

 

おはようございます。

 

f:id:neko-hai:20210706101519j:plain

(kesasora)

小学4年生でもう、「割合」の学習をします。

塾内の4年生もほぼ同時に突入しました。と、ここで・・・

すんなりと理解する子と???な子が。当たり前のことですけれど。

ま、焦らずに。といいたいところですが、5,6年生の比や割合の

基礎ともなり、中学生になって破壊的な状況にならないためにも

ここはしっかり、じっくりと取り組みたいものです。

が、4年生の中では一番よくできる女子ちゃんが突然、泣き出して

しまいました。どうも、今までとは「ちがうな。手強いぞ。」と感じた

ようです。涙がノートにポタポタ。まだ、学校では習っていませんから、

始めて出会った「割合」という二文字。このやろう!〇〇ちゃんを

泣かすなーーーっ!と怒鳴りつけてやりました。

大丈夫!私たちにお任せあれ。

さあ気を取り直して、今晩もいつもの様にとびきりの笑顔で塾に

来てちょうだい。

f:id:neko-hai:20210706103546j:plain

7月5日

こんなにも大きくなったのに、ママンにゴハンをもらっている雛たち。

この一週間、「巣立ちはもうすぐやね」と近所の人や、通りすがりの見守り隊と

幾度ともなく繰り返されていた会話。その夜も尾っぽを外に出して熟睡していた

のを目撃、「おやすみ、また明日ね」と声をかけたのを最後に・・・

f:id:neko-hai:20210706104139j:plain

7月6日朝

・・・巣はすっからかん。あれま。

朝、出勤したお隣さんも、塾長も、私も、巣立ちの瞬間を見せてもらえず、

気分は少し(いや、思い切り)へこみましたが、まあ、無事に巣立ったようで

安心しました。

f:id:neko-hai:20210706104916j:plain

さっきまで、目の前の電線に長い間とまっていたツバメ。誰でしょう?

もしかしたら、子供たちは夜には巣に帰ってくるかもしれません。

巣立った雛は数日の間、ねぐらに戻ってくる、とも聞きましたから。

ふふふ、ちょっと期待。

 

今日も一日、いい日でありますように。

塾生たち、寂しがるなぁ。

 

 

f:id:neko-hai:20210706110023j:plain

もうね、暑すぎるようで、こんな寝姿です。

毛皮、暑いよね~。お察しいたしまする。

お互いに熱中症には気をつけたいものですな。

どんと来い! 夏!!!

 

 

 

 

 

梅雨らしく・・・

 ・・・毎日が雨。

ま、嫌いじゃないから

長靴はいて、歩きましょう。

f:id:neko-hai:20210701103815j:plain

(kesasora)

ただ今、中学生は期末テスト真っ最中。おーーーい、ご機嫌かい?

 

ワーク3回以上の壁は厚いのだろうか・・・

テスト前になって、あたふたと、ただ提出することだけを目的に

サラッと仕上げるというのではとても勿体ない。あ、いや、

提出するだけでもまだマシか。いやいや、そりゃアカンやろ~。

それに、テスト受けたらハイお終い! なんてことさせへんで(笑) 

ここからが正念場や。

どうぞ、自分をみつめる旅に出立してください。

 

f:id:neko-hai:20210701104935j:plain

私が育てたのではないけれど、去年の子育ては楽だった。

ツバメの夫婦も落ち着いていて雛たちは全員、無事に巣立った。

それが当たり前だと思っていたのに、今年は波乱含み。

今思えば、巣作りのときから、夫婦の行動は去年のそれとは

違っていた。ということで、現在、二羽が元気に育っている。

大きい方と少し小柄な子。自然界では悲しみを引きずるのは無意味で

あるような気がするから、今は希望を持って見守ろう。

f:id:neko-hai:20210701105813j:plain

以後、ますます警戒心が強くなった(ような気がする)母親。

雛たちを見つめているだけで、ツーピー♪ツーピー♪と警戒・威嚇の声を

容赦なく投げてかけてくる。いやはや、いいかげん、慣れてくれへんかな。

調べてみた。

雛が居なくなったり、召されていた場合には「まずは〇〇〇を疑え」とあった。

そう、敵は同種同族だったりするのである。そこには、メスの選択、オスの本能、

自然界あるある、が存在するらしい。嗚呼・・・。

f:id:neko-hai:20210701194546j:plain

 もうすぐ巣立ちを迎える。とにかく無事で、事無きよう祈るのみです。

 

塾生も見知らぬ人々も、皆が見守っておりますよ。

今日も一日、いい日でありますように。

 

 

f:id:neko-hai:20210701195012j:plain

寝起きにパチリ。寝癖で頬がへこんでいますね(笑)

この後、トイレに行って、水を飲みます・・・きっと。

猫の日常はワンパターンなんです・・・ニャンなのに。


 

 

 

 

 

 

 

塾長の熱い気持ちを・・・

・・・この記事でも知ってもらおう。

 

塾生たちが画像の写り具合を気にする、気にする。

 

キミらは批評家か・・・(笑)

www.business-plus.net

おはようございます。

 

それからのツバメ一家。

f:id:neko-hai:20210616102700j:plain

(6/6)慌ただしい気配。卵が孵化したようです。

そして、恒例の「まずはご挨拶の卵の殻」をポトリ。

見上げていた私の足元へ1つ、落としてくれました・・・ありがとう♪

次から割った殻はどこかへ捨てに行っていました。

f:id:neko-hai:20210616102846j:plain

(6/8)最後の一つ。

どうか、無事に生まれますように。

(6/10)

5羽の雛を確認できました。

さあ、怒涛の子育てが始まります。

がんばれ!

 

塾生はもちろんのこと、保護者の皆さん、

塾の前を行きかう人が見上げてくれる。

あるお母さんは毎朝、「ツバメを見て。」と幼子に語りかけ、

見知らぬお婆さんには「ツバメは幸運を運んで来るよ。」と

話しかけられた。ある時、強面のおじさんが信号待ちのついでに

写メを撮っていた。そういうことか・・・運んで来てくれたのね。

たくさんの人の「笑顔」を。

今だって、外では散歩中の老夫婦がツバメ家族を指さしてなにやら

長話をしているし。注目の的ですやん。塾の宣伝部長やん。

落ち着いたら、「フン受け」を設置させてもらおう。

 

今日も一日、いい日でありますように。

 

 

f:id:neko-hai:20210616105859j:plain

こちらには、夏仕様のベッドルーム(笑)を設置しましたよ。

このスカスカデザインには意味はあるのか? 否か?

はい、実はあるのです。もっと暑くなったら、どういうことなのか

わかりますよ。お楽しみに~~♪

  

 

 

卵は何個だ・・・

f:id:neko-hai:20210601122057j:plain

(kesasora)
今週で中学生の中間テストが終わります。

1年生にとっては初めてのテストです。

ついこないだまで小学生だった子たちが「テスト勉強」なるものを

経験し、ぶうぶう文句言いながら(笑)も頑張りました。

塾に来ているからにはしっかり勉強してもらいますからね~。

というわけで、恒例のテスト前1週間および土曜日は出血大サービス、

「来たい放題andやり放題です」でした。こちらはやる気満々。

さあ、当人の君たちはどうだったんだ?いや、実際は大阪弁なんで、

「どないやってん?」

 

その後の我らツバメ夫婦。最後に確認できたのが5個の卵。

先週木曜日あたりから抱卵を初めたような・・・予想です。

f:id:neko-hai:20210601123608j:plain

今思えば、毎日、午前中には父ツバメが巣の横に陣取っていました。

たぶん、母ツバメが毎朝、1個づつ卵を産んでいたのですね。

立ち合い出産ですかね。ご苦労様でした。

2週間後が楽しみです。どうか、全員が無事に誕生しますように。

前を通り過ぎる親子連れやご年配のご夫婦、塾生たちはもちろんのこと、

美容師のお隣さん姉妹、何より塾長、私が願っております。

 

今日も一日、いい日でありますように。

 

 

 

f:id:neko-hai:20210601124531j:plain

26度越えポーズです。

毛むくじゃらなので、暑そうです。

いや、暑いでしょう。

今年の夏もがんばりましょう。

・・・ね。