けっこう毛だらけ、 猫灰だらけ、わたしの周りはガキだらけ。

大阪府八尾市にある学習塾「一徳塾」の塾長にこき使われている可哀想な塾女の独り言。

とめはね・・・って

どうなんだ。

どうなんだ?

どうなんだ!!

 

って思いました。

こう見えても、私、

書道、やってましたから。

f:id:neko-hai:20211028144334j:plain

(kesasora)

「だって先生、鉛筆やん。」

と小学2年生女子ちゃんがこたえました。

つまり、とめはね、は「筆書きでしょ。」ってこと。

なるほど。お習字ではそうやって習うものね。

 

一徳塾では、漢字コンテストをよくやってますが、正解はもちろんのこと

「この字って、あなた以外の人が読めるの?」と聞くこともあります。

読めない字を書くのは相手のことを考えていないのでは?なんて

言いながら丸付けをしたり。つまり、読む人のことを考えて書くってことは

「やさしさ」なんじゃないかな~、とか。

f:id:neko-hai:20211028145541j:plain

で、話をもどして。

実際、「とめ・はね・はらい」がなっていなくても読めますし、違う字に

なってしまうことはありませんから、あまり気にすることはないのかも

しれません・・・大きな声では言えませんが。決して雑に書いていいとは

言っていません。丁寧に書いて欲しいのです。ゆっくり・・・とは違います(笑)

うまく説明できませんので、思案した結果、「筆ペン」登場。

筆、ですが、持ち方は鉛筆と同じで良いと思います。鉛筆と同じ持ち方でいいよ、

と伝えて書いてもらったのに、遅い・・・なんか、恐る恐る書いています。

そして、驚くことに、こちらからは何も言っていないのに、自ら、書き順、

とめ・はね・はらいを意識しはじめましたよ・・・お見事!

ふだん使うことのない「筆ペン」が楽しいようです。「つぎもこれがいい!」

と満面の笑顔でご所望です。私はというと、インクの裏写りが気になって

顔がひきつり笑いになっていたのは言うまでもありません。

 

今日も一日、良い日でありますように。

 

 

f:id:neko-hai:20211028160231j:plain

灼熱(おおげさか・・・)の太陽の日々は過ぎゆき、

初冬の優しい陽ざしの日が始まったことを教えてくれる。

寝子の猫。

「気持ちよさそうやな~。」と言わせる寝姿。

さっすが、寝こ。